キャバ嬢のお仕事デメリットまとめ

カテゴリー キャバクラの基本, キャバ嬢のメリット・デメリット

昼夜逆転で生活リズムが乱れる

メリットしかないお仕事というのは、なかなか多くはありません。
全てのお仕事にデメリットや苦労があるものです。キャバクラ嬢という職種にももちろんデメリットや苦労はあって、でもそれを知らずに勝手なイメージだけで働き始めてしまうと、理想と現実のギャップに苦しめられることになるかもしれませんよ?

キャバ嬢のお仕事を始める女の子が口を揃えて言うのが、「昼と夜が逆転してしまってツラい」というデメリット
ニートだったり夜に遊んだりする時には昼夜逆転や夜更かしもなんてことないんですけど、お仕事が原因で昼間と夜間がひっくり返ると、結構これが大変なんですよ。

生活リズムが乱れると・・・?

まず、生活のリズムが乱れますよね。
休みの日や、副業でキャバ嬢をやってる女の子なんかは昼間に活動することも多いはず。
でも、お仕事は夜なわけですから、睡眠時間が日によってバラバラになったりすると、当然疲れが溜まっていきます。

その疲れを回復させるには、一旦生活リズムを正常に戻す必要があるんですけど、でもキャバ嬢をやっている限り、昼夜逆転だったり睡眠時間がバラバラだったりを正すのは難しいもの。
で、疲れが取れずにストレスになったり肌が荒れたりと、心や体に関するいろんなトラブルが出てきてしまうんです。

若い女の子の場合は平気だったりもするんですけどね。
デリケートな女の子や、ある程度年齢を重ねてくると、こうした大変さも味わうことになると思っておいた方が、事前に対策も取れていいかもしれません。

お酒の飲みすぎで身体を壊すことも

キャバクラ嬢以外でも、夜に働くお仕事って世の中にはたくさんあります。
でも、キャバ嬢が一般的なお仕事と決定的に違うのは、出勤時にお酒を飲むことですよね。
このお酒で身体を壊す女の子も少なくないので、注意したいところです。

お酒は、適度な量であればむしろカラダには良いと言われることもありますけど、でも、毎日大量のお酒を飲むとなると話は変わってきます。
自分の持っている身体の機能ではアルコールを分解できずに、本来排出しなければならない成分が体内に溜まり過ぎると、次第に体調を崩してしまうことに繋がるんです。

お酒に弱い女の子は、特に要注意

週に1日とか2日くらいなら飲み過ぎてしまっても、そのあとにちゃんとカラダを休めてあげる期間を作れば大丈夫ですけど、毎日飲み過ぎるとなると、アルコールに弱い人は確実に体調を壊してしまいますからね。

お店によっては、「飲めない人は無理して飲まなくてもOK」とか「ジュースを飲んでいれば大丈夫」なんて言ってくれたりもしますけど、お客様や周りのキャストの女の子が飲んでいるのに自分だけ飲んでいないと、やっぱり気まずいんですよ。
お酒が弱くても周りの雰囲気に巻き込まれて、無理して飲んじゃって体調を崩す、というのがオチ。
たくさん飲んでいるように見えて、実はちょっとしかアルコールが入っていないドリンクを飲む、なんて技を身に付ける必要がありそうですね。

周りと金銭感覚が合わなくなる

キャバクラ嬢には、他のお仕事と違うところが他にもあります。

その一つが、たくさん稼げること。
これはお仕事をする上でとても大事だし、むしろキャバ嬢になることの大きなメリットでもありますよね。

でも、いきなりたくさんのお金が手に入ることで、周りとの間に金銭感覚のズレが生じることも珍しくありません。
それがデメリットに感じる女の子もいるようです。

人って面白いもので、いろんな面で似たようなところを持っている人同士が仲良くなったり親近感を覚えたりするものなんですよね。
その“いろんな面”には経済的価値も含まれていて、しかもとても大事な要素だったりするんですよ。

周囲と金銭感覚が合わなくなると・・・?

つまり、金銭感覚が合わなくなると、これまで仲の良かった人たちとも距離感ができて、例えば友人関係が崩れたり恋人関係が終わってしまったりってことがあるんです。
これは、実際に働いて大金を稼いでみてから気付くこと。

だからこそ、キャバ嬢になる前にちゃんと理解しておくことが大切。
お金をたくさん手に入れても急には生活水準を上げないとか、お金を持っていない人を見下したりしないとか、そういう意識を持つことを心がけましょう。

お客様や女の子とのトラブルで人間不信に…。

キャバ嬢って接客業ですよね。
お客様と常に接して、良質なおもてなしをすることでお金を稼ぐわけです。
隣同士でお酒を飲んだり会話を繰り広げたりするわけですけど、その近い距離感であるがゆえにトラブルになることもしばしば。

例えば、お客様に恋愛感情を持たれてしまってしつこく言い寄られたりだとか、逆に態度や接客について怒られたり嫌味を言われたりだとか、そういうトラブルはキャバ嬢であれば誰しもが経験することと思っておくべきでしょう。

女性が多い職場は女の子同士のトラブルになりやすい

もう一つ厄介なのが、一緒のお店で働く女の子たちとの関係。
これもトラブルの元になりやすいので要注意ですよ。

嫉妬とか上下関係とか変な噂とか、そういうことが原因で面倒なゴタゴタに発展すると、本当に大変。
お店の中に自分を嫌っていたり嫉妬している女の子が1人でもいるとお仕事がやりにくいですからね。
そうならないように、十分に注意しながら働きたいところです。

お客様との関係もそうだし他のキャストの女の子との関係にも言えるんですけど、こういう人たちとトラブルになると人間不信に陥りがち。
「この人たちは、なんで私にそういう態度を取るんだろう?」とか「私はどうすればいいんだろう?」なんて考え過ぎちゃうと、プライベートも含めて誰も信用できなくなってしまうこともあるんです。

お店のボーイさんでも家族でも友人でもいいので、相談できる人をしっかりと作っておきましょう。
そして、割り切ってお仕事をすることも大切。
あまり深く気にせずお仕事だと割り切って働けば、ストレスもあまり溜めずにキャバ嬢を続けることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です