都内で働くならどこ?【エリア別】キャバクラ店舗の特徴まとめ

カテゴリー キャバクラの基本

【キャバクラの聖地】新宿 歌舞伎町エリア

キャバ嬢が憧れる“キャバクラの聖地”

「キャバクラといえば歌舞伎町」と呼ばれるほど、新宿・歌舞伎町は世界に名の知れた夜の街として毎晩賑わいを見せています。
東京以外の場所からキャバ嬢として名を馳せることを夢見て足を運ぶ最初の街と言ってもいいでしょう。

それほどこの街は、夜のお店で働く女性にとって憧れであり、実際に有名になるための土台がしっかりと整っているエリアでもあります。
こう呼ばれる所以は働いてみれば、よりわかるはず。

地方でそこそこの売り上げを持っていた女の子が東京進出のために選ぶエリアでもあるので、レベルは都内でも高め。
店舗にもよりけりですけど、ちょっと可愛いくらいでは指名客を増やし続けることは難しいかもしれません。
個性的なキャバクラ嬢が多いのも歌舞伎町エリアの店舗の特徴ですね。
しっとりおしとやかタイプよりも、派手で一緒に盛り上がることを得意とする女の子が多く働いています。

新宿 歌舞伎町エリアの時給と客層

時給額はやや高めです。
高級店もありますしメディアに登場するようなお店もありますから、容姿や腕に自信のある女の子はトライしがいのある街ですよ。
ちなみに客層は、これも落ち着きのある男性というよりも、パーッと騒ぎたいタイプの方が多いです。
ノリの良い女の子なら、うまくやっていくことができるでしょう。

【ハイレベル】六本木エリア

店舗もキャバクラ嬢も、とにかくレベルが高い

東京都内で夜の街と言えば、上で紹介した新宿・歌舞伎町というイメージを持つ人も多いですけど、レベルを突き詰めていけば、六本木に行き着くのかも知れません。
「自分をあんまり安売りしたくない」、「実力でのし上がりたい」、そんな風に考えている女の子にピッタリなエリアと言えそうです。

六本木には高級キャバクラ店が数多く存在している事がこのエリアの最大の特徴。
だからレベルが高いんですけど、その分、誰でも働けるというわけではなく、一定の採用基準をクリアしないと六本木の高級キャバクラ店では働くことができません。

高級店だからこその待遇を受けることができる

時給も高額だし、バック率も高め。
しっかりと稼ぎたいなら、六本木は無視することができないでしょう。

もう一つ大きな特徴は、客層ですね。
歌舞伎町界隈とは少し異なり、落ち着いたお客さんもたくさんいます。
もちろん派手好きで騒ぎたい系の男性もいるんですけど、そういうお客様もお金はジャンジャン使ってくれるので、ただうるさいだけではないのはさすが六本木といった感じ。

スポーツ選手やIT系企業、ベンチャー企業の経営者、起業家、タレントさん、ミュージシャンなどの業界関係者が常連のお店も、大抵六本木にあります。
そういった業界人と出会いたい女の子も、六本木で働く価値があるかもしれませんね。

【大人の街】銀座エリア

ここには“大人なお店”がたくさんある

六本木と同じように高級なキャバクラ店が集う街、銀座。
多くの人が銀座に持っているイメージそのままの店舗が多いですね。

もうちょっと具体的に言うと、六本木よりもさらに高級感があって、クラブに近いサービスを提供しているお店もあります。
もちろん、歌舞伎町や六本木、池袋など他のエリアにもあるようなレベル・タイプのお店もあるんですけど、クラブっぽい雰囲気を持つキャバクラ店がここまで多いのは銀座ならではでしょう

キャバ嬢の女性も、落ち着いた雰囲気の人が多めですね。
年齢は若い子もいますが、立ち居振る舞いなどが上品で、大人の男性からも気に入られるような、そんなキャバ嬢がたくさん働いています。
これも大人の街だからこその特徴かもしれません。

客層は大人&お金持ちの人たちが中心

特に銀座エリアの高級店には、大企業の社長さんや会長さんなど、六本木とはちょっと違う毛色の企業のトップが集まるのが銀座という街。
ケチることなくしっかりとお金を使ってくれるけど、でも若い社長さんのようにバカみたいに大金を舞わせるわけでもない、スマートなお金持ちの男性が多いという特徴があります。

キャバクラ店内の内装も、落ち着いているお店が目立ちますね。
和っぽいお店もあったりして、キャバクラだけどしっぽりとした雰囲気で働くことを望む女の子にはうってつけの街となりそうです。

【キャバクラ発祥の地?】池袋エリア

池袋はキャバクラ発祥の地

現在の形につながる「キャバクラ」というスタイルが登場したのは、1980年代の池袋だと言われています。
一部歌舞伎町のお店が発祥ではないかと言われていますが、その前に池袋にキャバクラと呼ばれる、キャバレーとクラブを合わせた造語を持つお店が誕生しています。
池袋という街は、そういう意味では、現在のキャバクラ生誕の地と言っても差し支えないのではないでしょうか。

池袋にあるキャバクラ店の特徴は、そのキャバレーの名残を残していることです。
銀座エリアのキャバクラがクラブ寄りなら、池袋のキャバクラはキャバレー寄りと表現できるかもしれません。

本格的なショーやパフォーマンスを行う店舗が多い

ダンスや歌、楽器の演奏などを取り入れたショーを開催するお店がたくさんあり、お客様は、ただ単にお酒を飲むだけではなくて、そういった催し物も楽しめるようになっているんですね。

専用の舞台が用意されているお店も池袋のキャバクラには多く、将来的には歌や踊りで生計を立てたいと考えている女の子もたくさん集まってきます。
キャバ嬢がショーの出演者を兼ねているケースもありますけど、キャバ嬢とショーに出演する女の子が別のパターンもありますね。
どちらにしても中途半端なショーではなく、踊りも歌もレベルが高め。
でも、キャバ嬢はちょっとレベル低めの女の子も働いていたりします。

お店のジャンルが多岐に渡りますから、女の子のレベルもそれによってまちまちと思っておきましょう。
その分、初心者なら働きやすいと感じるかもしれません。

【若者の街】渋谷エリア

飲み屋の延長線上のようなカジュアルな店舗が多い

今や若者が集い流行の発信地とも言われるようになって久しい渋谷。
ここにももちろんキャバクラ店がたくさん立ち並んでいます。

お店の特徴としては、カジュアル系が多いってところでしょうか。
料金設定も六本木や銀座などと比べると安めなので、仕事帰りのサラリーマンはもちろん、大学生など若い男性も結構お店通いをしていたりします。

渋谷で働くキャバクラ嬢はノリがとても良い

夜のお店で成り上がりたいと考えている女の子は少なめで、どちらかと言えば、アルバイトの一つとしてキャバ嬢を選んでいる女の子の割合が多い印象です。
簡単な言葉で済ませてしまうと、ギャル系キャバ嬢盛りだくさん、といった感じでしょうか。

このエリアで働くメリットとしては、気軽にお仕事ができること。
あんまり気負わずに働けますから、特に若い女の子は楽しく働きながら、でも普通のバイトよりもたくさんのお給料を稼ぐことができますよ。

一方で、酔っ払いや絡みにくい男性、騒ぐだけの男の人、センスやデリカシーのないお客様なんかが目立つ点がデメリット。
客層は決して良いとは言えませんけど、そんなノリがむしろ楽しいと感じる女の子なら合うかもしれませんね。

【オタクの聖地】秋葉原エリア

他のエリアとはちょっと異なる特徴を持つ秋葉原のキャバクラ

世界的に有名なエリアでもある秋葉原。
観光客も大好きな電気街やオタク文化が、この街には集約されています。
そんな秋葉原にも、もちろんキャバクラ店は存在しています。

観光客も含めて若くてサブカル好きな人が集まる街、秋葉原に多いのは、“学生系キャバクラ”“私服系キャバクラ”です。

学生系キャバクラとは
大学生や大学院生、専門学校生がキャバ嬢として働いているお店や、学生ではないけど学生服を着ながら接客ができるお店のこと。

キャバクラで働くことには興味があるけど、ドレスとか、ちょっと堅苦しい格好では働きたくないという女の子にはオススメですよ。

私服系キャバクラとは
そのままですね。
私服で接客ができるお店のことです。

これも秋葉原にはかなり多い。

そして、忘れてはならない“コスプレ系キャバクラ”
これも、もちろんこの街には存在しています。

コスプレ系キャバクラとは
学生服に限らず、メイド服などで飲んだりしゃべったりできるので、秋葉原で働きたいアキバ系女子には人気のお店です。

他のエリアでは味わうことのできない体験が、秋葉原ではできるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です